食による癒しと、夢のあれこれ




ひょうたん南京のパン、大丈夫だった。
ちゃんと美味しかった。
第一印象は、素朴すぎるくらいに素朴なんだけど
かみしめていると、ここにしかないような独特な味わいがでてきて
しばらくすると、ほのかなひょうたん南京の香りが追いついてきた。
そうだそうだ、こんな感じなんだよ、私が作りたいパンは!
と、独り言を言う。
そのままでもいけるけど、小豆島のオリーブオイルをつけると
うんと美味しい。
かなり薄めにスライスしてトーストして、オリーブオイルを添えると
晩酌のあてにも良いらしいです。

以前は、たまにね、何もつけずトーストもせず
そのまま食べるのが一番美味しい!というパンを作れていたことがある。
またそんなパンにも会いたいなー。
ちょくちょく会えるようになるまで、作り続けよ〜
新しい酵母が来てくれたので、新しい発酵種を仕込みました。
パンの赤ちゃんみたいな感じです。
元気に育ってくれますように。











今日は、珍しくサラダも作った。
水菜を刻んでドレッシングで和えるだけのつもりが、
気付けばこんな山盛りサラダが出来上がってしまった。
サラダ菜、大根、りんご、キウイに、下茹でして冷凍してあった貝豆、ツナ缶。
ドレッシングは、
自家製甘夏酢と塩レモンエキス、
リンゴ酢、小豆島のオリーブオイル、ブラックペッパー。
美味しくないわけないね。






今日は、食のインスピレーションの日でした。
やるべきことは、他にも沢山あるんだけど
次から次へとアイデアが沸いてきて、
こんなものも作った。





キャロットケーキ。
しっかりした大きさの人参一本分をすり下ろして入れてある。
他には、母が作ってくれた焼き芋、押し麦、甘酒、オリーブオイルも。
砂糖は使っていない。
優しい自然な味わいのおやつです。






自分のこの手で、誰かを癒せるようになりたい。
人の癒しを担う存在になりたい。

2011年の秋、病室のベッドの中で芽生えた想いが
色々模索状態ながらも今年、ついに形になって動き始めた。

夢がひとつ実現されて気付いたことは、
夢は導きであり、スタート地点でもあるということ。
夢が叶った喜びに浸りバンザイするのではなく
夢が叶ったことで見えるようになった今後の目標に
意識がフォーカスされた自分がいる。

そうか。夢は、私たちを前へ、上へ、次へと進めていくためのしくみなのだ。
叶うとか叶えるとか、あきらめるとか叶わないとか、そういうものではなくて、
夢はツールなのだ。
自分の人生を、自分が想い願うように生きるための道具なのだ。
夢の色々な使い方や楽しみ方を、もっともっと探してみようじゃないか。
そしていつか、自分の旅で出会えた夢のあれこれを
人に伝えていこうと思う。


あ、食べ物の写真から、夢トークへ脱線した理由ね。
物理的、精神的な癒しも、まだまだこれからだけど
食による癒しも考えていきたいと思い始めました。
夢がひとつ叶ったことによって、見えてきた次の夢や目標のひとつです。
夢はいつも、私たちの味方なんだよね。
夢を持てる喜びは、生きる喜びでもある。

繋がってくれている全ての人たちに、全ての出来事に
いっぱいの愛と感謝の気持ちを放ちます。
届きますように。




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け