ヒマワリ





綺麗に整備された花壇に
ヒマワリが一本、立派に誇らしげに咲いていた。
シェルパくんを側に寄せて写真を撮る。

小さな出会いが巡る季節を告げてくれる。
バイクに乗る喜びのひとつなのだ。



バイクに乗って走っていると
全身で風を浴びる。
その土地のにおいや温度を直に感じる。
自分の足で、その土地の地面を踏む。

そうしていると、その場所に生きるものの声や
地球の声を感じるようになる。
また、その時に本当に必要な荷物だけを連れて
ただ前を見てバイクを走らせていると
今この場所で生きる自分の内側の声が
よく聴こえてくる。

バイクで風を切って走ることは
もちろん快感であり喜びなのだが
私にとってバイクは、ただ楽しむだけの乗り物ではない。
自分の内なる声や土地の鼓動と繋がり
今を生きる勇気やインスピレーションを沸き起こしてくれる
頼もしいツールなのだ。
これからも私は、バイクと共に生きていきたいと思う。

愛と感謝を込めて。



このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け