シェルパは走る。















先日のライド風景。

身体がシェルパの感覚に馴染んできたのを感じた夕暮れだった。

シェルパに乗りながら、シェルパになっている。
シェルパの声が、腹の中の直感として聴こえる。

シェルパ、山へ走った。
道は海へと続き、夕焼けを眺めた。








このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け