スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2016の投稿を表示しています

道しるべ

2016年12月29日。 今日はこれから実家の餅つきを手伝う。 外の空気はぴりりと冷たく、空は沢山の綿雲で銀色に光っている。 今朝は産直へ買い物に行き(すごい人だった!) サツマイモや人参、葉ネギなどを買った。 裏の畑でレモングラスを一茎刈ってきて、グアバの茶葉も加えてお茶を沸かした。 母が、前の畑のレモンも収穫できそうだと言うので見に行くと 黄色に熟れた元気な小ぶりのレモンが5個! 2014年春の大師市で買ってきて植えたレモンの苗木、 2016年年の瀬、ついに初収穫の時を迎えた。 いつからだったかよく覚えていないのだが 慌ただしく日々に追われて走り続け いつの間にか年末になっている。 そうか、今年はもうあと残り二日だったのかと 今日気付いたのだった。







冒頭は今朝、初めて来年の手帳に書いた文章の一部です。


今年は新たな取り組みが多く正に充実の一年だった。
自分の時間の感覚が狂ってしまったのではと思うほどに
本当にあっと言う間だった。
今まで体験したことのない難しさにもぶつかり、沢山悩み
怒り狂う日々も、まあ多かったこと!
しかしそれらの苦難の中、霊的真理に救われ導かれ
自分の信念や生き方、人生の目的が定まっていったのだった。





守護霊や神の愛への揺るぎない信頼を実感できるようになり 自分はもう何事も恐れる必要はないのだと思えるようになってきた。
色々な準備が整い、来年からはいよいよ実践の時期に入るのだなと感じている。


たぶんこれが今年最後の更新です。

最後の更新を、可愛い花たちの写真と
先日出会った美しく不思議な空の写真と
道しるべの言葉で締めくくります。



今年も一年間、ありがとうございました。
穏やかな年末年始をお過ごしくださいますように。

愛を込めて。





あなたは、この世で何か”立派なこと”を成し遂げることは考えず望まず ただ今与えられた仕事に精一杯、誠意を持ち取り組むこと。 どうでも良いことや、物欲や金銭欲等、肉体的な欲求に無駄な時間を費やさないこと。 霊主肉従、利他主義、道具意識。 それらがあなたの道しるべです。




死を恐れなさんな

死を恐れなさんな
死を恐れる者 死んだら全てが終わりだと考えている者が まだまだ多すぎる
死は終わりではない 恐れるものではない 死は解放である
肉体が全てだと考えていれば 肉体の死が全ての終わりだと信じてしまうのは当然のことだが 我々の肉体は、我々の仮の姿でしかなく 我々の本質、本当の自分は霊体(魂)であり 魂は永遠に続く 我々は永久不滅の存在である
肉体から解放された喜び 軽快感を あなたの肉体が終わるとき あなたも体験するのです そして、肉体をまとわない霊として あなたの道を生き続けるのです
知らないことからくる恐れや不安を 人々の恐れや不安を少しずつ減らしていけるよう あなたは務めていきなさい






スマホに保存したはずの文章を探していたら 書くものを持っていなかったときに感得したのだろうか スマホのアプリに打ち込んであるメッセージを見つけた。
使ってはいるが、私は実はスマホも携帯電話もあんまり好きではなく 小さい画面に文章を打ち込むのも全然得意でないし やっているとすぐに目が疲れるし肩が凝るし とにかく好きではないのだが、がんばって打ち込んだのだと思う。
日付は10月後半。 読み返して先ず思ったのは、現在の自分だったら 同じ内容のメッセージでも もう少し違った言葉を使い表現しているだろうなということ。
霊的なインスピレーションやメッセージなどは 受け取る側の知識や理解力の度合い、受け入れる姿勢や人間性(霊性)などによって 違ってくる。
この道に目覚め始めた頃(入院中)に書いた日記にも 人の死について考え、「死」というものの本質について 正しい知識や認識が広まれば 死んだ人を見送る苦しみも軽減されるはずだ そのために自分には何ができるだろうか というような内容が書かれていた。 人が生まれ、人が死んでいく場所でもある「病院」というところに しばらく滞在し、色々なことを感じ、考えたのだった。
当時の日記の言葉も当然ながら 当時の自分の理解力や感性の範囲内での言葉で書かれていて 読み返すと、恥ずかしく思うところも多い。

以前、旅立った人(死んだ人)はどんどん進んでいく という文章を掲載させていただいた。 霊界人と比較するに至らないスピードではあるが 本当に少しずつではあるが、自分も進めているのだなと思い 嬉しく思った。



冬至ですね。
みなさん暖かい夜を過ごされますよ…

導き

分からないとき 進み方に迷うときには
こちらに助けを求めなさい。

あなたの意識に浮かぶキーワードだったり
自然に手を伸ばし開いた本のページに
あなたに必要な知識や情報、求めている答えが見つかったりする。
こちらからの導きは このような形をとることが多い。

なので我々からの働きかけをすぐに察することができるよう
あなたは自身の意識、波長を霊的で清らかに維持しておくこと。

我々がサポートしたくても、あなたの意識が我々と合わない次元にあると
こちらから援助をしたくてもコミュニケーションを取りたくても
施しようがない状態となってしまう。









冬が来て

なかなか更新できない間に冬が来た。 寒いのは苦手だけど、空気が澄んで景色が美しく見えるのが好きで 美しい空や夕陽との出会いを 寒い季節の一番の楽しみとしている。 身体が縮こまり鈍くなってきて 肉体が大人しくしている分 本来の感性が表面化しやすくなるのも嬉しい。






先日も、澄んだ空と晩秋に染まった麓の山々の美しさに えらく感激して、今日は山も空もどうしてこんなに美しいのだろう!と ひとりで興奮し感動しながら車を走らせた。 車なのに、単車で走っているときのような感性だった。








シルバーバーチは、霊界の美しさは地上の言葉では表現できない美しさだと言う。
色彩も光りも風景も全然違うのだと。
地上にはない景色があり花があり音色があり
どれも地上のものとは比較できない美しさなのだそう。

言葉を超越した美しさに出会える時がきたとき
私はどんな風に感動するのだろう‥
その時を楽しみに
これからも自分の務めに励んでいきたい。







本物のスピリチュアリズムに出会い 自分の生き方に迷いがなくなった。 正確には、悩むことも迷うことも苦難も多く これからもそれらの連続になるのだろうが 悩みや迷いや困難によって打ちひしがれたり しにくくなってきたし
それらを恐れる気持ちも少なくなった。 何のために自分が今この人生を生きているのか 明確に分かったのだ。 最高に幸せなことだと思う。


晩秋の寒霞渓、2016

貴重な晴れ日に紅葉撮影に出かけることができました。
山の上の方の紅葉は、そろそろ終わりが近づいている感じ。

最後の3枚は、石門にて。




偉大なる愛の言葉

繰り返し、自分の力となっている言葉を紹介します。









ですから、決して絶望してはいけません。落胆してはいけません。くよくよしてはなりません。心に不安の念を宿してはなりません。恐怖心を近づけてはなりません。取り越し苦労は蹴ちらしなさい。そんな憂うつな有難からぬ客を絶対に魂の奥の間へ招き入れてはなりません。 潮文社『シルバー・バーチの霊訓』(1)p.192 







シルバーバーチの言葉は、深い愛と真実の言葉ばかりで
どれも強力に救い導いてくれるのだが、一番自分の支えになっているのがこのフレーズである。




初めて読んだとき、私は無力感に包まれ落ち込んでいて、 原因はよく覚えていないので大した事態ではなかったのだろうが
この言葉はとても厳しく伝わり、受け入れ難いと思った。
こんなに辛くてこんなに絶望感を感じていて ひとりで静かに泣きたいと思っているのに、 絶望してはいけません、落胆してはいけませんって、どういうこと? 何て厳しいんだ‥と。


しかし、間もなくこれらの言葉の意味を理解することができ
その言葉の源にある偉大なる親の愛のような力強さに気づいた。
大きくて完璧な愛の言葉に感動の涙を流したのだった。


どんなに苦しく困難な状況でも
霊の力、宇宙を支配する法則(神の愛)に揺るぎない信頼を置き身を委ね
摂理に沿った生き方を心がけていれば、あなたは
その困難な状況から自らを救い出す力を授かることができる。
自らの意思を強く持て。
物質世界の苦しみや困難に屈してはならぬ。



物質界の試練に屈することのない自分を維持することができれば
本当に何一つ恐れるものはない。
取り越し苦労を蹴散らしながら
わたしたちは勇敢に生き続けるのだ。





青が美しい朝

先日出会った眺め。

小豆島なのだけど、どこか別の国の入り江か湖を眺めているような気がして
思わず立ち止まり写真を撮った。


空の青と海の青さがどちらも、不思議な感覚で惹き付けるような美しさで
お互いがお互いをさらに美しく魅せている。

そんな感じだった。






美しい青の朝だった。

「タイタニック 沈没から始まった永遠の旅」
という本を読んでいるのだが、原書のタイトルが The Blue Island で
その本では、私たちの肉体の死後、霊体がまず移行する場所が
ブルーアイランドと呼ばれている。
青い色調につつまれた世界だという。

恐らく、この世では感じることのできない青なのだろうが
この世の青にも色々な表情の青があり
日々海や空の側にいると、今日のこの青はこういう青だなぁと
感じるようになる。
世界中の美しい青い宝石をかき集めてみても
今日の夕刻の、海の深く穏やかな青の癒しを超える色合いは
見つからないだろう、みたいな。


岬の先の浜辺で、あの青い海を見たのは
いつだったっけ‥?





四方指紅葉チェック

紅葉チェックに行ってきた。

良いカメラで撮るとそれなりの色彩が見えるのだが
実物ははっきり言って目に沁みるような鮮やかさではなかった‥


やはり、夏の異常な暑さの影響なのかな。

地球は、自然は
私たち人間の歩みを確実に
自らの身に刻み込み
私たちに示してくれる。

自然の愛と正確さを感じた。


季節はもう晩秋。

今年の締めくくりに入ろうとしている。

みなさんの2016年は、どんな感じに仕上がっていますか?










星が城からの眺め。




空が不思議なグラデーションだった。



旅立った人は、どんどん進んでいく。

気持ちの良い青空の季節になった。
朝晩は寒くなり、そして家の中の寒さ対策、そろそろどうにかせねば‥

近づく紅葉が楽しみです。






先日の夜、実家の両親と
祖母のささやかなメモリアルを行った。

祖母が旅立って3年が経った。
実感的には、5年とか7年くらい経ったような気がする。
祖母にたずねてみた。
この世を旅立った人にとって、3年とはどんな感覚ですか?

あちらでは時間の感覚がだいぶ異なるのだと思う。
祖母は、私たちよりも10年とか20年くらいは先を行っているような気がした。
もっともっと先かもしれない。
こちらで「生きていた」ときの祖母とは、かなりの別人というか別人種というか、
言葉では上手く説明できないが意識の部類、種類が別物なのだ。
でも、愛で繋がっているから祖母だとすぐに分かる。

「死んだ」人は、死んだときのまま時が止まってしまうのではない。
全くない。
旅立った人は、どんどん進んでいく。

今回、このことを改めて強く感じた。

私は声に出して話したわけではないのに
隣にいた父親が全く同じようなことを言ったので驚いた。








種まき一ヶ月後

10月1日に種蒔いた畑、11月1日の姿。



ありがたいことに、元気に育ってくれている!
もう料理に使えそう。 けど、ネギとパセリとセロリ以外、まだ一度も使っていません。
なぜなら、実家の畑から大量にもらうので‥ これでもか!というくらいに大根葉、かぶ、小松菜、ほうれん草な、嬉しい日々。
今朝はほうれん草ぎっしりのオムレツに
今夜はかぶ沢山のミネストローネ、みたいな。



野菜を育てることは 土を耕し畑をつくることから始まり 適切な時期に収穫し、調理し美味しくいただき それが食べた人の栄養となり力となるまで、 繋がっている。

それぞれのプロセスに労力も時間も沢山要するので 自分で作るよりも、綺麗にパッケージされたものを買ってきた方が 何倍も楽である。しかし、育てる手間や苦労を知っているからこそ 丁寧に使いたいし、最後まで美味しく感謝して頂きたいとの思いが 自然にわき上がってくる。
そんな自分でありたいと思う。


これは10月中旬ごろ。







愛の毛布

11月の始まりが近づくと、祖母を見送った数年前の晩秋を思い出す。


自宅でのお通夜と遅い夕食の後、私は祖母宛に手紙を書き
その内容は手作りの小さな葬式で朗読してもらったのだった。

あれほど大量に涙を流しながら文章を書くということを最近やっていない。
溢れる愛に心を震わせながら誰かのために書くという幸せな体験に
いつかまた巡り会いたいものである。


祖母のことを思うと、祖母が側にやってくる。

優しく暖かく、そして眩しいほどに光り輝く柔らかい毛布のようなヴェイルのような愛が
頭から肩にかけてふわりふわりと降りてきて
優しく包み込まれる。
じわじわと愛が染み込んできて
暖かい感動に自然と涙があふれてくる。


「みやちゃん」

祖母の声が聴こえる。




祖母は今、とても広々とした美しい青空と緑の丘の場所に居るようです。
祖母を思うと、そのような風景が見える。
1年後の記事にも同じ様なことを書いていた。。)

心地よい風が吹いていて、柔らかい光りがあふれていて
すーっと伸び上がると
そのまま高く舞い上がり、光り輝く空の一部となり風のように空を泳ぐ‥









愛犬を愛おしむ手が

ご機嫌チョコやんかわいい。
しかし自分の手、随分たくましくなったなぁ‥
そうか、今自分の手はこんなんや。

自分が何となく思っていたよりも力強い感じに見えるので 写真を見てちょっと驚いた。
最近の自分の状態が現れてるんかな。








自分の手について思うことは 手を美しく維持することよりも 誰かのため何かのため、この世界のために この手をどれだけ活かしていけるかが重要。
そのための手です。





この写真が可愛過ぎて、携帯の壁紙にした。


画面いっぱいチョコやんの顔になって
見るたび笑顔になるねん。