一切れのパンに込める願い



今でも時々、たぶん1〜2ヶ月に一度くらいは
半日とか一日とか二日くらい寝込むこともあります。

以前のように深く苦しむわけではないけど、
動けない起きれない、ほとんど食べれないし水も少ししか飲まず
ただひたすら眠る。目を開けていると頭痛が酷くなるので
とにかく寝ていた。
身体が、外から入ってこようとするもの全てをシャットアウトして
心身をリセットしようとしているような、浄化作用のように感じた。

4月は色々頑張り過ぎたり頭で考え過ぎて不安になったり、
必要以上に自分を追い込んでしまったので
その埋め合わせだったのでしょう。


あなたの身体の不調は全て、あなたへのメッセージです。
何かおかしいなと感じることがあれば
その痛みや違和感と向き合ってみてください。
なぜ自分は今この痛みや違和感と共にあるのかを
落ち着いて感じてみてください。
彼らがどこから来て、自分に何をしようとしているのかを
聞いてみてください。
その不調や不具合が、自分にとって何を意味するのかを考えてみてください。
身体は大切なことを教えてくれます。
肉体は、あなたがこの世でやりたい事を実行するため、
自分を表現し、自分の使命を生きるために
あなたに与えられたものです。
自分の身体を愛し、大切に向き合ってください。



写真は、すぐ焼けてすぐ食べれる、ソーダブレッド(風)
私の身体は体調や食欲が落ちた後、少し元気が回復してきたら
食べたくなる(食べれる)のはなぜか
食パンのミミとか、固めのビスケット、甘くないシリアルなど、
ドライであっさりしていて噛み応えがある炭水化物ばかり。
理由はまだよく分かっていません‥







このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け