寄り添う花




庭の端の方に勝手に現れて、ゆっくりと育った植物。
前年に苗を植えて少しだけ花が咲いたラベンダーセージの二世かなと思っていたのだが
育つにつれて葉っぱの大きさや質感が、親株とちょっと違うことに気付き
表の畑に多く発生しているあまり有難くない雑草的な植物にも似ているとの指摘もあり‥
もし厄介な雑草か雑種だったら抜いた方がいいかもと思っていたが
莟が現れたので、どんな花が咲くのか見てから判断することにした。

咲いてみたら、やっぱりこの花だった‥!

「疑ってごめんな。。それなのにこんなに可愛く咲いてくれてありがとう。」

花にそっと手を添えて写真を撮ると
花が自分の手に寄り添ってくれているように見えて
何かとても感動してしまった。

誰に何を言われても、どう思われても
堂々と自分の場所で自分の花を咲かせる潔さ。

植物がわたしたちに教えてくれること数知れず。







このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け