UCとの五年


先日、特定医療費受給者の更新手続きをしてきた。
潰瘍性大腸炎を発症したのは2011年の夏だったので、もう5年の付き合いになる。
入院中、20年以上になる患者さんにも何人か出会ったし、長く付き合っていくタイプの病気ということなので、5年という期間は短いのだろうけど、この5年間で自分は大きく変わった。

診断された時には大腸全体に炎症が広がっていて、最初の3年間は入退院を繰り返した。2年前に寛解にたどり着いてからはありがたいことに体調は安定している。病室で芽生えた「自分のこの手を用いて人の心と身体の癒しを‥」との思いに基づいた仕事も少しずつできるようになってきた。

「良い状態を維持できるように何か心がけていることはありますか?」
書類をチェックしてくれた保健福祉課の女性スタッフに聞かれた。

原因も不明とされ、治癒に導く治療法も今のところ存在しないような病気である。
医療の力も不可欠だが、それだけでは解決できないし管理しきれない。だいぶ早い段階でそのように感じながらも私は医療の力を借り、また、安心して療養させてもらえる環境に恵まれたおかげで、寛解を得ることができた。
その寛解を維持していくための鍵は、精神的な領域にあると思っているのだというようなことを、説明した。


自分はなぜこの病気になったのか。
その答えに気付いたこと。
そして、その答えに100%納得したこと。
それをしっかりと受け入れたことだと思う。



私は、時に「目に見えない光」などと表現しているような
非物質的な意識との繋がりをとても大切にしていて
日常的に彼らに祈ったり、彼らからの愛に満ちた導きを感じながら
私は生きている。



彼らは自分を病気から救うために
動いてくれたのではない。

病気の苦しみや制限から解放され
病気を通して目覚めた新しい自分が
苦しむ人の力となれるよう
希望の炎を失いかけている人がいれば
その炎を守る手伝いをする人物になれるよう
導くために、神は自分に病気を体験させたのだと思っている。







日本スピリチュアル・ヒーラーグループの公式サイトに
ヒーラーの方々が書かれたコラム(ヒーラーの声)が掲載されてあり
その中に「病気は人間を成長させることもある」というタイトルの記事がありましたが
自分のケースもまさにその通りだと感じています。


全ての導き、全ての援助に感謝しています。




このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け