種まき一ヶ月後

10月1日に種蒔いた畑、11月1日の姿。




ありがたいことに、元気に育ってくれている!

もう料理に使えそう。
けど、ネギとパセリとセロリ以外、まだ一度も使っていません。

なぜなら、実家の畑から大量にもらうので‥
これでもか!というくらいに大根葉、かぶ、小松菜、ほうれん草な、嬉しい日々。
今朝はほうれん草ぎっしりのオムレツに
今夜はかぶ沢山のミネストローネ、みたいな。



野菜を育てることは
土を耕し畑をつくることから始まり
適切な時期に収穫し、調理し美味しくいただき
それが食べた人の栄養となり力となるまで、
繋がっている。

それぞれのプロセスに労力も時間も沢山要するので
自分で作るよりも、綺麗にパッケージされたものを買ってきた方が
何倍も楽である。しかし、育てる手間や苦労を知っているからこそ
丁寧に使いたいし、最後まで美味しく感謝して頂きたいとの思いが
自然にわき上がってくる。
そんな自分でありたいと思う。



これは10月中旬ごろ。








このブログの人気の投稿

旅立った人は、どんどん進んでいく。

人がこの世を旅立つということ

夜明け