スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

道しるべ

2016年12月29日。 今日はこれから実家の餅つきを手伝う。 外の空気はぴりりと冷たく、空は沢山の綿雲で銀色に光っている。 今朝は産直へ買い物に行き(すごい人だった!) サツマイモや人参、葉ネギなどを買った。 裏の畑でレモングラスを一茎刈ってきて、グアバの茶葉も加えてお茶を沸かした。 母が、前の畑のレモンも収穫できそうだと言うので見に行くと 黄色に熟れた元気な小ぶりのレモンが5個! 2014年春の大師市で買ってきて植えたレモンの苗木、 2016年年の瀬、ついに初収穫の時を迎えた。 いつからだったかよく覚えていないのだが 慌ただしく日々に追われて走り続け いつの間にか年末になっている。 そうか、今年はもうあと残り二日だったのかと 今日気付いたのだった。







冒頭は今朝、初めて来年の手帳に書いた文章の一部です。


今年は新たな取り組みが多く正に充実の一年だった。
自分の時間の感覚が狂ってしまったのではと思うほどに
本当にあっと言う間だった。
今まで体験したことのない難しさにもぶつかり、沢山悩み
怒り狂う日々も、まあ多かったこと!
しかしそれらの苦難の中、霊的真理に救われ導かれ
自分の信念や生き方、人生の目的が定まっていったのだった。





守護霊や神の愛への揺るぎない信頼を実感できるようになり 自分はもう何事も恐れる必要はないのだと思えるようになってきた。
色々な準備が整い、来年からはいよいよ実践の時期に入るのだなと感じている。


たぶんこれが今年最後の更新です。

最後の更新を、可愛い花たちの写真と
先日出会った美しく不思議な空の写真と
道しるべの言葉で締めくくります。



今年も一年間、ありがとうございました。
穏やかな年末年始をお過ごしくださいますように。

愛を込めて。





あなたは、この世で何か”立派なこと”を成し遂げることは考えず望まず ただ今与えられた仕事に精一杯、誠意を持ち取り組むこと。 どうでも良いことや、物欲や金銭欲等、肉体的な欲求に無駄な時間を費やさないこと。 霊主肉従、利他主義、道具意識。 それらがあなたの道しるべです。




死を恐れなさんな

死を恐れなさんな
死を恐れる者 死んだら全てが終わりだと考えている者が まだまだ多すぎる
死は終わりではない 恐れるものではない 死は解放である
肉体が全てだと考えていれば 肉体の死が全ての終わりだと信じてしまうのは当然のことだが 我々の肉体は、我々の仮の姿でしかなく 我々の本質、本当の自分は霊体(魂)であり 魂は永遠に続く 我々は永久不滅の存在である
肉体から解放された喜び 軽快感を あなたの肉体が終わるとき あなたも体験するのです そして、肉体をまとわない霊として あなたの道を生き続けるのです
知らないことからくる恐れや不安を 人々の恐れや不安を少しずつ減らしていけるよう あなたは務めていきなさい






スマホに保存したはずの文章を探していたら 書くものを持っていなかったときに感得したのだろうか スマホのアプリに打ち込んであるメッセージを見つけた。
使ってはいるが、私は実はスマホも携帯電話もあんまり好きではなく 小さい画面に文章を打ち込むのも全然得意でないし やっているとすぐに目が疲れるし肩が凝るし とにかく好きではないのだが、がんばって打ち込んだのだと思う。
日付は10月後半。 読み返して先ず思ったのは、現在の自分だったら 同じ内容のメッセージでも もう少し違った言葉を使い表現しているだろうなということ。
霊的なインスピレーションやメッセージなどは 受け取る側の知識や理解力の度合い、受け入れる姿勢や人間性(霊性)などによって 違ってくる。
この道に目覚め始めた頃(入院中)に書いた日記にも 人の死について考え、「死」というものの本質について 正しい知識や認識が広まれば 死んだ人を見送る苦しみも軽減されるはずだ そのために自分には何ができるだろうか というような内容が書かれていた。 人が生まれ、人が死んでいく場所でもある「病院」というところに しばらく滞在し、色々なことを感じ、考えたのだった。
当時の日記の言葉も当然ながら 当時の自分の理解力や感性の範囲内での言葉で書かれていて 読み返すと、恥ずかしく思うところも多い。

以前、旅立った人(死んだ人)はどんどん進んでいく という文章を掲載させていただいた。 霊界人と比較するに至らないスピードではあるが 本当に少しずつではあるが、自分も進めているのだなと思い 嬉しく思った。



冬至ですね。
みなさん暖かい夜を過ごされますよ…

導き

分からないとき 進み方に迷うときには
こちらに助けを求めなさい。

あなたの意識に浮かぶキーワードだったり
自然に手を伸ばし開いた本のページに
あなたに必要な知識や情報、求めている答えが見つかったりする。
こちらからの導きは このような形をとることが多い。

なので我々からの働きかけをすぐに察することができるよう
あなたは自身の意識、波長を霊的で清らかに維持しておくこと。

我々がサポートしたくても、あなたの意識が我々と合わない次元にあると
こちらから援助をしたくてもコミュニケーションを取りたくても
施しようがない状態となってしまう。









冬が来て

なかなか更新できない間に冬が来た。 寒いのは苦手だけど、空気が澄んで景色が美しく見えるのが好きで 美しい空や夕陽との出会いを 寒い季節の一番の楽しみとしている。 身体が縮こまり鈍くなってきて 肉体が大人しくしている分 本来の感性が表面化しやすくなるのも嬉しい。






先日も、澄んだ空と晩秋に染まった麓の山々の美しさに えらく感激して、今日は山も空もどうしてこんなに美しいのだろう!と ひとりで興奮し感動しながら車を走らせた。 車なのに、単車で走っているときのような感性だった。








シルバーバーチは、霊界の美しさは地上の言葉では表現できない美しさだと言う。
色彩も光りも風景も全然違うのだと。
地上にはない景色があり花があり音色があり
どれも地上のものとは比較できない美しさなのだそう。

言葉を超越した美しさに出会える時がきたとき
私はどんな風に感動するのだろう‥
その時を楽しみに
これからも自分の務めに励んでいきたい。







本物のスピリチュアリズムに出会い 自分の生き方に迷いがなくなった。 正確には、悩むことも迷うことも苦難も多く これからもそれらの連続になるのだろうが 悩みや迷いや困難によって打ちひしがれたり しにくくなってきたし
それらを恐れる気持ちも少なくなった。 何のために自分が今この人生を生きているのか 明確に分かったのだ。 最高に幸せなことだと思う。