2018-04-20

怪獣みたいではない



やっと焼けた!
側面が、怪獣の口みたいに破裂しないパン。
それでも少し控えめに笑っていますが。

ライ麦のパン。
酵母種が変わり粉が変わり気温も変わり、先月までと同じようにしたつもりでも
全然同じようにはいかないのがおもしろい。
このパンだって、あまりにも見たことのないような一次発酵の様子で
これはついに大失敗パンかなぁと思っていたら、最後には
(あまり)破裂せず、今までで一番好きな香ばしさに焼きあがった。

ちなみに今夜は、このパンを焼きながら
同時に土鍋でタケノコご飯を炊いた。
春だね。