死ぬことは悲劇ではなく、

死ぬことは悲劇ではなく、当人にとっては「肉体」という重い着ぐるみを脱ぎ捨てて、肉体からの自由を獲得し
地上とは比較にならないほど素晴らしい自由な世界で新たに生きる資格を得る、という喜ばしいことです。

他界者と地上に残された者の間に愛があるなら、二人は決して引き裂かれることはありません。
永遠の別れではありません

一方は肉体を持たない人間になり、もう一方は肉体に囲まれていて肉体の五感に限定されているため、
霊体となった相手の姿を見たり触れたりすることができないだけの話です。

残された者は、いつも見てくれている相手に恥ずかしくないように、残された人生を続けること。
自分も寿命を迎え、霊界での再会が叶う時を楽しみに、明るく前向きに生きることです。





このブログの人気の投稿

新しい朝

霊能者、霊能力について

海水足浴